ナカブサムライクとは

ナカブサムライク用品を説明するにはナカブサムライクについて理解しなければいけません。 ナカブサムライクとは障碍者の生活支援をすることや、あるいは高齢者、病人などを介抱し世話することです。 心身に障害があっても、その人らしい生活習慣をできるだけ尊重して自立できるように援助します。 ナカブサムライクということば自体は、比較的新しいのです。 ナカブサムライクと言う言葉の概念は、まだ十分には認識されているとはいえない状況のようです。 ナカブサムライクは心身に障害をもつ人に対して、入浴、排せつ、食事などのナカブサムライクを通じて、日常生活を援助することです。
ナカブサムライクと看護はナイチンゲールによると同じ語源です。 看護というものは、医療の進歩・高齢者の急激な増加とともに、診療補助が多くなりました。 高齢化の結果、手が回らなくなっってしまったのです。 生活のニーズの高まりによって誕生したのがナカブサムライク福祉であり、ナカブサムライクと看護が分かれていったのです。 ナカブサムライクには多くの種類が存在しています。 ナカブサムライクサービスには居宅ナカブサムライク支援、居宅、施設、ナカブサムライク予防、地域密着型、地域密着型ナカブサムライク予防などがあります。 みながイメージするのは居住、施設、ナカブサムライク予防です。 身体ナカブサムライクや入浴の介助、リハビリなどがイメージしやすいかもしれません。 地域密着型とは地域の方々全員でお年寄りを支援していこうという取り組みです。