包茎手術で簡単に包茎を改善

包茎を治療したくても手術に抵抗があるという方もいるでしょう。ですが、最近の包茎手術はレベルがとても高く、手術痕さえもほとんど気にならないほどです。そして、痛みを感じることなく手術を受けられることはもちろん、肝心の手術時間も軽度であれば一時間もかからずに終了します。手術後は入院する必要もなく、そのまま帰宅することが出来ます。そのため、仕事終わりに手術を行い、術後帰宅するといったことも可能です。また、包茎手術は男性器の見た目的な改善以外にもメリットとなる部分があります。常に亀頭が露出するようになるので、外部からの刺激に強くなり、早漏改善にも役立ちます。他にも、包皮の内側に汚れが溜まることがなくなるので、男性器を衛生的に保てるようになります。包茎を改善するとこのようなメリットも得られますので、包茎がコンプレックスとなっているという方は包茎手術を受けることをお勧めします。

真性包茎手術の手術費用

真性包茎手術の手術費用ですが、これは真性包茎であれば健康保険の適用対象となりますので、病院の泌尿器科を受診されると自己負担は3割で済みます。だいたい費用としては、2万円から3万円くらいです。保険治療ができる分、経済的負担は楽になります。ただ、入院を伴うものであれば5万円以上かかることもありますので、その点は理解しておく必要があります。一方、クリニックにおいて自由診療で真性包茎手術をすることも可能です。この場合には、健康保険適用外となりますので、手術費用は約15万円程度と高額となります。では、どちらが良いのかといいますと、これは手術後の仕上がり状態にこだわるかどうかで変わってきます。あくまで、真性包茎を治したいのであれば費用が安く済む病院ですが、仕上がり状態も気にするならばクリニックの方が良いです。クリニックでは、手術後の仕上げの美しさなどを考慮してくれますので、病院よりもとにかく仕上がり状態に重きをおいているならば、クリニックがオススメです。

包茎手術の費用はどのくらいかかるものなのか

包茎手術の費用はどのくらいかかるものなのかですが、これは包茎のタイプとどこで手術するかによって費用が大きく異なってきます。まず包茎のタイプですが、カントン包茎と真性包茎に関しては、生活に支障をきたすことから健康保険の適用を受けます。逆に仮性包茎は、生活に支障をきたさないことから健康保険の適用の対象外となっています。そして、手術を受ける場合には健康保険の適用がされる病院と、自由診療の健康保険の対象外であるクリニックとがあります。病院であれば、健康保険の適用を受けるため、だいたい費用は1万円から3万円の自己負担で済みます。一方、クリニックでは健康保険の適用を受けないため、全額自己負担となります。なお、仮性包茎においては約8万円から16万円ほどであり、カントン包茎や真性包茎においては約20万円前後の費用がかかります。