介護の問題点

 少子高齢化を迎えた日本は、核家族化や少子高齢化がますます進行しています。 これまでの介護感は大きく変化しています。 家族の様々な負担の問題が深刻化しているといわれています。 介護で重要なのが人間関係になりますが、介護者と介護される高齢者の人間関係がすべて良好とは限りません。 それを支えるのは近所の人、友人などです。 同じ体験をしたグループなどで愚痴をこぼしあったあったり、励ましあったりすることが重要です。
 基本的に親の介護は現代においても子どもが面倒を見るといった考え方が根強い傾向にあります。 周りの意識が介護者にとって大きな負担になります。 問題を受けて介護者の心のケアとして悩み相談窓口といったものがあります。 インターネットのブログも、相談所のような性格です。 病院や介護支援施設といったところでも、ほとんどが介護者の相談には乗ってくれるはずです。 日頃の鬱憤を晴らす場所を見つけておくのは大切です。 介護福祉士は昨今の景気の低下により多くの人たちが介護福祉士をめざしています。 人気の理由は給料の変動が小さいからです。 実際の介護福祉士は肉体労働のため、疲労がたまりやすく、気を多く使う仕事です。 基本的有給休暇も取りにくい仕事です。 長期的な休みを取ることが難くなるという働く側の問題も多々存在しています。