介護の資格について

 高齢者社会を迎え医療や介護、福祉関連の仕事のニーズが高まってきました。 介護には専門的な資格を必要とされています。 資格にはホームヘルパー、介護福祉士、介護支援専門員 、社会福祉士などがあります。 注目の資格はホームヘルパーです。 ホームヘルパーは自宅や入所施設に訪問し、身体介護や家事援助などの日常生活の介護を行う訪問介護員です。 行政や医療・保健分野の職員と組んだりします。 ホームヘルパーは関係機関との連絡や調整能力も求められるようになってきています。 1990年代から人材養成研修が行われてきました。 介護保険制度の確立とともにホームヘルパーの重要度が増加しています。 ホームヘルパーの資格はどう取るのでしょうか。 ホームヘルパーは都道府県・指定都市、指定の民間団体が実施する養成研修を修了するだけで取得できます。 非常勤、パート、登録など勤務形態も多様なため、自分のライフスタイルに合わせて勤務することができます。
 では介護福祉士とはどういった職業なんでしょうか。 介護を必要としている人に入浴や食事など日常生活の介護を行ったり、家族に対して助言や指導を行います。 士には知識や技能、対人ケアの資質が必要とされます。 では取得方法はどのようにしたらいいのでしょうか。 取得方法は国家試験に合格することです。 指定の養成機関を卒業することによって無試験で取得することもできます。