介護業界について

 一つの例として平成20年の介護業界の業界規模は4,999億円となっています。 平成15年以降、上昇を続けており、平成21年までの介護業界は増加傾向にあると言えます。 07年訪問介護大手のコムスンから管理義務違反や介護報酬の不正請求などの不祥事が発覚しました。 コムスンは介護事業からの撤退を表明しました。 業界首位のニチイ学館が居住系サービス事業を行い始めました。 09年4月介護報酬が3%引き上げになりました 介護報酬がUPしたことで職員の人材確保、待遇改善が見込まれ、介護業界にとって追い風の政策となりました
 介護サービス各社は首都圏を中心に積極的な展開に乗り出しました。 高齢化社会は民間の介護サービス会社にとっては良い状態ですが、国の財政は圧迫されています。 要介護認定者数及び介護保険給付費は増加を続け、今後もさらに増えるものと見込まれます。 業界順位は1ニチイ学館、2ベネッセHD、3ツクイ。 介護業界の売上高ランキングを見ると首位のニチイ学館の売上高が高く、高シェアを誇っています。 介護は成長産業なのは間違いありません。 介護業界の充実化が今後の来るだろう高齢社会において乗り切る一つの方法でしょう。