高齢化社会

 高齢化社会とは医療発達などにより国民の平均寿命が延び、お年寄りが増えている社会をさします。 先進国によく見られる人口構造です。 日本では、年金制度や医療保険、バリアフリーなど社会問題の主な原因のひとつです。 総人口に占める高齢人口の比率が14パーセント以上だと高齢社会と呼ぶようになります。 高齢化社会はどんな問題がでてくるのでしょうか。 高齢者の増加という人口問題を中心に、社会、経済、政治など全般にわたって、いろいろな問題があります。 老人医療、年金問題、定年退職や再就職という雇用問題、老人施設など幅広い問題があります。
 最も大きな問題は次の2つです。 一つは公的年金制度の財政の破綻という点です。 一つは扶養層の社会負担額が増大するという点です。 問題の発生によって養う人口が減る限り扶養者層の負担が増加し、経済的な問題になることです。 高齢者側にとっても彼らを十分に受け入れていくシステムができていないことが問題であります。 高齢者に優しい社会はないということです。 最近ではバリアフリーといわれ、高齢者に優しい施設も増えてきましたがまだ十分ではありません。 今の社会は高齢者がいたからこそ存在しているのです。 彼らの功績をほめたたえ、彼らの暮らしやすい世の中にすることが今求められていると思います。