介護用品の種類

 介護用品の種類にはおむつ、トイレ、ベット、車いす、福祉車両、などが挙げられます。 これらは通常のものと機能や形は異なっています。 おむつに関して言えば、失禁パットやテープ止め、寝ている方用にうまく作られています。 トイレに関してもポータブルのものがあります。 ポータブルトイレは便座とフレームとバケツから出来ており、移動可能で寝室などでの使用が出来る便器です。 機能も、高さ調節、シャワー機能暖房機能、洗浄機能、消臭機能などがついたものがあります。 ベットは必要に合わせ、姿勢を変えることができ、自立支援と介護者の負担軽減の設計になってます。 車いすに関しては自走式車いすや介助用のいす、電動いす、モジュール椅子などがあります。 福祉車両は製造会社が福祉車両専用として作るのではなく、既存の車に目的を合わせて装備を付け加えます。
 どれも利用者の用途に合わせて機能を追加していったり、様々な種類が用意されています。 重度の介護となってしまうと介護者負担は大きくなり、介護者自身の身体も崩してしまうことが多数あります。 介護のレベルによっての、適切な用品があるので、上手く適切な介護用品を利用することをおすすめします。

はじめて介護をする方も安心の商品選びサポート。無料の会員登録で値引きに使えるポイントをプレゼント。 ホームページのアウトレット品は新品や未使用品なのにもかかわらず、最高で9割引きという料金で販売しています。 特に介護食品は当社ならではの商品ラインアップ。 目指すのは介護者・被介護者のウィンウィンを両立する製品をお届けすることです。 介護用品が充実しています。